派遣スタッフになるための心構えについて

派遣のお仕事

以前大学生の頃、卒業の年の夏ごろに、長く続けていたドラッグストアのアルバイト先が閉店になってしまって、次のアルバイト先を見つけるにも長くは勤められないし…という状況になってしまったときに、派遣会社のアルバイトを経験しました。
派遣会社に登録をして、自分が仕事が出来る日をネットを使って報告をします。そして、お仕事があれば登録先の営業所から連絡がくるので、そこで返事をしてお仕事に行く、といった感じだったと思います。
経験したお仕事は、お菓子やさんの工場、機械の梱包や製造などの流れ作業のお仕事だったり、ダイレクトメールのセッティングのお仕事、洋服屋さんの店員、お菓子の袋詰め、紙製品の組み立て作業など。1度きり1回のみの職場もあれば、数日続けて勤務するもの、また、都合のつく時に何度かにわたってお仕事させていただいた職場もありました。
はじめての職場はじめての作業内容でもでも、担当の方が作業についてきちんと教えてくださいますし、それほど難しいと感じる作業はなかったように思います。また、職場が家から近い場所にあった洋服屋さんのお仕事は、半年の間に何度か担当させていただいて、指名をしていただいたりと、とてもよくしていただきました。

関連ページ

派遣の魅力
派遣スタッフになるための心構えについてについてご紹介します